「スポーツコートが変えるテニスコートの施設管理」 

掲載日:2016-03-10


 
(※こちらの記事は、月刊体育施設 3月号へ掲載した広告の関連記事になります。) out_SF3月号 テニス広告(横1-4) テニスコートを運営・管理している皆さま、日々のメンテナンス、修繕、張替えなどに苦労されてるのではないでしょうか?維持管理の手間を無くす、新た種類のハードコート「SPORT COURT(スポーツコート)」のご紹介です。スポーツコートは、維持管理に手間が掛からない、高い耐久性、耐摩耗性を持った連結タイル式の床材です。 ボールバウンド、グリップ力の競技性はハードコートと同等レベルですが、球足が速い為、スピード感のあるテニスを楽しむ事ができます。さらに、優れた衝撃吸収性を持つスポーツコートは、安全性にすぐれたハードコートともいえるでしょう。国際テニス連盟からカテゴリー5として認定、全米テニス協会の公認床材として、世界で認められた床材です。 パワーゲーム(カテゴリー5、ロゴ有)
  スポーツコートの導入メリットは大きく3つ。
  1.   1.メンテナンス、張替えはほぼ不要。
  2.   2.衝撃を軽減する安全な床材。
  3.   3.コート1つで、多彩なスポーツが出来る。

ハードコート(ウレタン舗装)beforeハードコート(ウレタン舗装)after 1.メンテナンス、張替えはほぼ不要。 ハードコートと同等レベルの耐久性、耐摩耗性、耐候性(屋外で、変形、変色、劣化等を起こしにくい性質)を持つ床材です。日々のメンテナンスは原則不要で、汚れた場合の掃除程度。コートの耐久年数は約10年で、設置から15年近くお使い頂いている施設もございます。また、連結タイル式のコートなので、破損した場合も工具一つで1枚から簡単に交換可能。お客様に安心なメーカーの5年保証付きで、日本スポーツコートスタッフが手厚くサポート致します。 さらに、設置が簡単で誰でも出来る為、工期短縮でコストの削減になります。テニスコート1面なら2日程度(設置・ライン塗装含め)で完成。設置工事、維持管理、修繕等トータルして考えると、その他のコートよりもコストや管理者の手間を抑える事が可能な床材です。 もし廃棄する場合も、マテリアルリサイクルができる、地球環境にもやさしいコートといえるでしょう。
  テニスコート衝撃吸収 PowerGame側面 2.衝撃を軽減する安全な床材。 スポーツコートは、ハードコートのような足の滑り(=グリップ力)を持ちつつ、高い衝撃吸収性を兼ね備えた高性能なコートです。 プレーヤーの足腰(特に足首)の負担を軽減する特殊な構造で、タイル同士の小さな隙間が踏み出し、停止、着地時に横方向の動きで衝撃を吸収します。(※ラテラル・フォーギブネス構造という、特許を取得した連結システムです。) またタイルの裏面は、長さが異なる2重のピン構造になっており、縦方向からの衝撃吸収を2段階で吸収。子供や高齢者が転倒した場合の頭部へのダメージを抑える、安全性を持っています。
国士舘 体育・武道館スカイコート(テニス&バスケットボール&フットサル) 国士舘 体育・武道館スカイコート 3.様々なスポーツに対応。 バスケットボール、フットサル、ハンドボール、バレーボールなどの世界のスポーツ協会から公認を得ている、競技性、安全性に優れた床材です。さらに、ラインやタイルカラーを分けることで、多目的に使う事も可能。使える競技を増やす事で、施設の稼動や客層を大幅に広げる事ができます。 ハードコート スポーツコートは、ハードコートに分類される床材です。オムニ等の滑るコートに慣れてる選手が、ハードコートでプレイする場合、まず問題となるのが、「コートのグリップ力の強さ」、「球足の速さ」、「バウンドの高さ」の違いです。その為、足腰の負担を軽減するスポーツコートをハードコートの入門用として使って頂くと、体が自然に慣れていくと思います。さらに、球足が速いスポーツコートは、競技志向の選手にとってスピード感のある練習で、フットワークを鍛えるコートになるでしょう。 従来のコートに変わる新たなハードコートとして、スポーツコートはいかがでしょうか?ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
  施工事例 大同大学(テニス&ハンドボール) 納品日:2009年9月 大同大学 テニスコート兼ハンドボールコート 川越水上公園(テニス) 納品日:2009年3月 大同大学テニスコート つくし野多目的広場(テニス&フットサル) 納品日:2008年3月 つくし野多目的広場 某官庁(テニス&フットサル&バレー) 納品日:2007年3月 某官庁 海外個人宅(テニス&バスケットボール) テニスコートデザイン
「月刊体育施設 3月号」関連記事 テニススクール運営者にオススメ! 子供向けテニス普及イベントはこちら!!
【お問い合わせ先:西尾レントオール㈱ 日本スポーツコート課】
●東京本部  TEL:03-3455-4500 FAX:03-6809-6595
●大阪事務所  TEL:06-4258-6240 FAX:06-4258-6241
●仙台事務所 TEL:022-797-1590 FAX:022-797-1640
メールからのお問合せはこちらをクリック